2022年04月19日

Hi from Canada! (14)

【生徒名】Mia
【性別】女
【生年月日】2004年12月27日(やぎ座)
【出身地】非公開
【留学先】カナダ国バンクーバー
【渡航開始時期】2021年1月
【コメント】海外に留学していたお友達に憧れて不登校からのリスタート留学に挑戦!幕を開けたばかりの私の留学生活。言葉の壁や文化の違い、慣れない環境に苦戦しながらも、みなさんと一緒に1歩ずつ進んで行けたらなと思います!この日記を通して留学に興味を持っていただける人が1人でも増えたら嬉しいです。



19 April 2022

みなさん、こんにちは!
だいぶ久しぶりの更新になってしまいましたが、みなさんお元気ですか?

2月から新しい学期が始まり、今まで以上に勉強が忙しくなり、自分の時間をあまり持てずにここ2ヶ月ほど過ごしていました。

私はこの学期にジュエリーメイキング、社会、韓国語、化学の授業を取っているのですが、もう化学が信っじられないほど大変なんです。笑

私は中学3年生の冬からオーストラリアへ行き、カナダへ行く前の間も日本からオーストラリアの授業をオンラインで受けていたため、日本の中学理科も中途半端なまま、高校の理科なんて一切触れていなかったんですよ。
そんな中、オーストラリアの学校で1年いたから10年生の理科は取らなくていいよ〜とのことで、10年生の理科はスキップしてカナダで受ける初めての理科がChemistry 11(11年生の化学)。
現地の子でも大変なのに、留学生、ましては理科から2年ほど離れていた私からしたら、もう全てが呪文に聞こえて。笑

授業が分からないから家に帰って日本語に翻訳しても、その日本語の意味も分からないみたいな。
そんな中でも必死に理解しようとして、帰ってから夕飯に呼ばれるまで動画を見ながら化学の勉強をして、夕飯後にもやっていたこともしばしば。
やっぱりやった分結果って出るんですよね。
だけどもう、どこかでアルファベットを見ると全てが科学記号に見えてきたり、自分のリラックスする時間すらも削られていって、結構メンタルがやられていったんですよ。

前学期は数学の授業を取っていたのですが、こっちの数学ってアジア人からしたら比較的に簡単で。
あ、これ日本で習ったことあるなってものが多く、わからなくても少し調べたらなんとかなっちゃったりして、あんまり勉強に困った経験がなく、割と良い成績も収めていたんですね。

だからこそ化学を取り始めて、初めてここまで追い詰められて凹んで、でも好成績を収めたくて頑張っていたんですけど、ある日社会科の先生に言われたのです。
「あなたすごく良い成績収めてるけど、相当勉強しているんじゃないの?留学生としてカナダの文化に触れたり色々な経験をするために来てるのに、もう少し休む時間を作ってもいいんだよ。」って。
そう言われた瞬間なんかジーンっときちゃって。笑
今まで頑張りすぎてて心の余裕も無くなっていっていたから、勉強中にルームメイトたちが話している時もなんかすごく気になっちゃったり、勉強しなきゃってソワソワしちゃったり。

だけど、留学しにきた目的をもう一回見直してみたんです。
私、もっと英語を覚えて流暢にコミュニケーションが取れるようになりたい。
色々な国からのお友達が欲しい。
毎日化学にうなされるためにきたんじゃないって。笑

そう思ったら、もう真ん中くらいでいいのかって。完璧じゃなくてもいいのかなって思えてきたんです。
今までは完璧ばかり目指していたけど、留学生なんだから現地の子よりも出来ないのは当たり前だし、もう少しリラックスしてやってみようって。

そこから何だか気持ちも軽くなって、約1年残っている留学生活、長距離走なんだから全力疾走していたらもたないよね。

留学生活、大変なこともたくさんあるけど、その分楽しいこともたっくさんあります。
だから毎日自分のことを労わりながら、自分に優しく、周りにも優しく、毎日ニコニコして過ごしたいです。

よーし、夏休みの日本帰国まであともう少し、私も頑張るので、無理せずゆっくり、みなさんも一緒に頑張りましょう!

ちなみに、よほど理系に進みたいか、理科が得意ではない限りChemistryをとるのはお勧めしません。笑

ちょっと心の声を漏らす系の日記となってしまいましたが。笑
また少しずつ日記再開していけたらなと思います。

長くお待たせしてしまいごめんなさい!また次の日記も楽しみにしていてください(^^)

―おまけ―

ルームメイトのサプライズお誕生日パーティー。

この子はベルギーからの留学生、Alexia。

17歳のお誕生日でした!

この日はお誕生日のピッタリ0:00にお祝いしようということで、バリバリ週の真ん中の火曜日にみんなで夜更かし。

結局寝たのは1:00過ぎで、その日の朝のわたしたちはゾンビでした。笑(もう既に眠い顔してる)

右の子はイタリアからの留学生、Alessia。

2人とも名前が似ていて、最初の頃はよく呼び間違えてしまっていました。笑

次の日記ではこの子たちについて書こうかな!