2020年10月21日

My high school life in NZ (3)

【生徒名】nana
【性別】女
【生年月日】非公開
【出身地】非公開
【留学先】ニュージーランド国オークランド
【渡航開始時期】2019年5月
【コメント】不登校からのリスタート留学で親元を離れ見知らぬ土地へ。それまでは自分が海外の高校生になるなんて想像もしていませんでした。最初は英語での意思疎通が上手くできず、知り合いもいないので不安でしたが、今では楽しく充実した生活を送っています。



21 October 2020

こんにちは!
前回載せた私の家の前の桜の木はほとんど緑に変わり、ニュージーランドでは夏が近づいてきています。

さて、今回も前回に引き続き、ニュージーランドに来て驚いたことをお話ししようと思います。

まずはペットについてです。
犬や猫などのペットを飼っている家が多く、私の家も猫を2匹飼っています。
日本では猫より犬の方がペットとして多く飼われていますが、ニュージーランドでは猫の方が多い気がします。

その猫たちに関して驚いたことは、飼われ方です。
基本猫は放し飼いで、家の中も外も自由に動き回っています。
住宅路では、歩道を歩いていたり道を渡っている猫をよく見かけます。
私の家の猫は隣の家に行って、ご飯をもらっていることもしばしばあります(笑)
家の敷地外まで出ていっても、ちゃんと家に帰ってくるので本当に感心します。

ちなみにこれがうちの猫です。時々喧嘩をしていますが基本的には仲良しで、よくこうして寄り添って寝ています!

犬に関しても驚いたことがあります。
それは、散歩中にリードに繋がれていない犬をよく見かけることです。
それでも飼い主から離れることなく、ちゃんと飼い主の傍を歩いています。
飼い主から少し離れてしまっても、飼い主が呼べばすぐに飼い主のもとへ戻ります。

犬も猫も自分が戻るべき場所が分かっているんです。
賢いですよね!どうやって躾けているのか気になります、、

次は、空についてです。
ニュージーランドの天気はとても不安定で、よく雨が急に降ったり止んだりします。
そのため天気予報はあまり当たりません。笑

でも、この天気も悪いことばかりではありません。
この降ったり止んだりの天気のおかげで、虹が頻繁に出ます。
日本では虹はあまり見ないですよね。
ニュージーランドに来てからたくさん虹を見ましたが、何度見ても毎回気分が上がります(*´`)

しかも、ただの虹だけではなく珍しい虹も見ることができます。

これは以前、登校中に撮った写真です。

この日もパラパラと雨が降っていて、それが止んでふと前を見たらこの大きな虹がかかっていました。
しかもこれ、少し見づらいかも知れませんが虹が二重にかかっているんです!
このようなダブルレインボーはそう頻繁には見かけませんが、時々見ることができます。
この日は朝からダブルレインボーを見ることが出来て、1日ハッピーでした!

また、ニュージーランドの家は平屋や二階建てが多くビルやマンションが少ないので、空がよく見えます。
なので、夜には星や月が綺麗に見えます!
夜空がよく見えるので時々見上げているのですが、いろいろ発見がありました。

それは、星座の向きが日本と違って見えたり、月の満ち欠けが逆だということです。
日本では、月は右から左に満ちて欠けていきますよね。
でもニュージーランドでは、左から右に満ちて欠けていきます。
星座は上下逆さに見えるんです!
本当は月も上下逆に見えているらしいのですが、月の上下までは私にはわかりませんでした(^^;

昔学校で、南半球では星や月が北半球とは違った動きをすると習いましたが、いざニュージーランドに来てみると、そんなことはすっかり忘れていました。
でもある時、たまたま5日ほど連続で月を見ていて、左右逆の方から満ち欠けしていることに気が付きました。
なぜ5日も毎日月を見ていたのかは自分でも謎です(笑)
でもそのお陰で、自分の目で見て気づくことができたのでよかったです。
星座の上下のことも、たまたまオリオン座(私が唯一見つけられる星座です笑)を見て気が付きました。
やっぱり自分で観察して気づくって嬉しいですよね。

もう一つ月の話をすると、時々少し不思議な月が見えます。
前回の満月近くの日にも見えたのですが、いつもより月が大きく見えて色も少し違って見えます。
この時は少しオレンジがかっていて、その前に見た時はとても白っぽかったです。
最初は街灯かと思いましたが、よく見ると月でした。

このような不思議な月が見える度、写真に収めようとするのですが、カメラを通すとその不思議さがうまく写らず、、残念です。
この現象の理由がまだ分からないので、いつか知ることができたらいいな〜、なんて思います。

これでニュージーランドに来て驚いたことは一旦終わりですが、また思いつくことがあれば書きますね!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

~この記事の著者~

WSO センター