2019年08月05日

野球チーム


みなさん、こんにちは♪
クライストチャーチ現地スタッフの古瀬です。

今回は不登校からのリスタート留学や通常の中学高校留学をしながら出来る、習い事についてお話したいと思います!

クライストチャーチでは学校の部活以外にも、様々な事にチャレンジ出来ます☆
絵画教室、和太鼓、合気道、剣道、空手、サーフィン、ゴルフ、テニス、卓球などなど・・・。
学校外でスポーツクラブに通っている生徒も数名おり、ラグビーやサッカーはメジャーですが、実は地元で「野球」がじわじわと人気を集めています。

今回はカンタベリー地域の野球チームの一つである「Southern Astros Baseball Club」を見学して来ました!

このロゴ(左)はクライストチャーチのあるカンタベリー地域の野球連盟のもので、連盟には3つのクラブが所属しています。その中でも1番活発に活動中のクラブは、星マークのロゴ(右)が印象的なアストロズです。

この日はアストロズの冬季トレーニングの初日でした。

練習はこんな感じで、冬の間は室内で行われます。トレーニングとは言え、こうして体育館全面を使って実際の試合に見立てた練習も行われています。

ブレブレの写真でごめんなさい!(+o+) バッティングしている生徒の写真を撮るのは至難の業でした(笑)

雰囲気だけでも伝わるでしょうか?室内なので壁が壊れてしまわないように、特別な砂の入った重いボールを使用してバッティングをしていました。

バチンバチンとすごい音です!
あのカキーンという音とは違いますが、迫力がありました(๑•̀ㅂ•́)و✧

参加している生徒達もとっても楽しそうでしたよ(*^^*)

この写真のご夫婦は野球が大好きなブライアンさん(左)とリンさん(右)です。

アメリカから戻られたばかりということで「時差ボケだよ~。」と明るく話すブライアンさん。
実はカンタベリー野球連盟の会長さんです!
会長さんと言っても気さくな方で、「日本人の野球経験者は大歓迎だよ~!」と仰っていました。

リンさんは秘書兼事務をされており、主にアストロズの管理を行っているそうです。
質問があったらリンさんに聞いたら何でも分かるとのこと!
練習日程等、私も丁寧に色々と教えていただきました。

こちらはニュージーランド野球のオフィシャルコーチであるネイトさん(左)と日本人コーチのとしさん(右)です。

ネイトさんはアメリカ出身で、アメリカの学校でも様々なスポーツの指導にあたっていたベテランコーチだと伺いました。
ネイトさんの指示を聞いていると「あれ?ここは野球の本場アメリカ?」と錯覚する程、すっごくアメリカンなアクセント!
野球も楽しみながらアメリカ英語が学べて、なんだか得した気分です♪

としさんはニュージーランドに移住して8年になり、学生時代は小学校から大学まで野球をしていたそうです。
主に13歳以下のチームのプレーヤーの指導にあたっていますが、何か困ったことがあればとしさんに相談出来ます!
日本人生徒で英語に自信がなくても安心して挑戦出来ますね(^^)

としさんからのメッセージ。
「日本で野球をやっていたなら、すぐに選抜に選ばれるよ!全国大会へ行こう!」


冬季トレーニングは9月後半頃まで行なわれ、10月にはネルソンへの遠征を予定しているそうです!
10月後半から3月中旬のシーズン中は、練習が週に2回、試合が毎週日曜日に行なわれます。
日本の部活動ほどみっちり毎日ではありませんが、学校外でこういったスポーツクラブに参加することで、現地のコミュニティに溶け込むきっかけができます☆

不登校からのリスタート留学やスキルアップ留学をしながら、ニュージーランドで習い事を始めてみてはいかがですか?
英語力のアップはもちろん、海外生活を更に充実させられるのではないでしょうか♪

「こんな習い事出来るかな?」と気になった方は是非ご相談下さいね。
情報収集は私にお任せ下さい♪



【スタッフ紹介】
古瀬美紀。東京都出身。ニュージーランド国クライストチャーチ地域に在住。ニュージーランドには述べ13年在住しており(2019年時点)、ニュージーランドの小学校で子供たちに日本語を教えていた経験などもある。またオーストラリアにも1年間の在住歴がある。ニュージーランドの大自然に魅了されて永住を決意。食べ歩きが趣味で、クライストチャーチにあるお洒落で可愛いカフェを巡るのが好きだとのこと。


~この記事の著者~

WSO センター